ヘリコプターパイロットのお給料について

空を仕事場にする職業として人気があるヘリコプターのパイロットですが、ヘリパイロットはどれほどの収入を得ているのでしょうか。ヘリパイロットの種類によって年収は変わってくるので、ぜひ、ヘリコプターのパイロットを目指す人は参考にしてください。もちろん、各ヘリパイロットによって仕事も変わります。その点と収入を照らし合わせながら、自身にとってベストな選択をしましょう。

ヘリコプターのパイロットの給料はどれくらい?

ヘリコプターパイロットは、比較的年収が高い仕事と言えます。もちろん、ひとことにヘリコプターのパイロットといっても様々な種類があり、就職先によって年収には差が出てきますが、平均で年収1,000万円前後です。それぞれのお仕事別にお給料事情をまとめてみました。

航空会社のヘリコプターパイロット

航空会社のヘリコプターパイロットには、年収1000万円以上稼いでいる人も少なくありません。航空会社には、パイロット不足に悩まされているところもあります。そのため、パイロットの平均年収は近年、増加傾向にあります。

ドクターヘリのパイロット

「山の中で遭難し、怪我をしてしまった人を救いに行かなければならない」など、救急車では迎えない場所で緊急事態が発生したときに出動するドクターヘリ。ドクターや看護師などを載せて1分1秒を争いながらも、安全に操縦することがヘリパイロットには求められます。そんなドクターヘリのパイロットの年収ですが、一般的には800万円〜1000万円と言われています。

当然、緊急の要請を受け、より短時間で目的地に到達することを要求されることもあり、様々な面で気遣いや技術が求められる仕事になりますので、1000万円以上という年収も納得できます。

自衛隊ヘリコプターのパイロットの年収は?

災害などが発生したとき、いち早く駆けつけて被害にあった人々を助ける自衛隊。迅速な救助に欠かせないのが自衛隊ヘリコプターです。自衛隊ヘリコプターのヘリパイロットの年収は900万円前後です。

さらに細かく見ると、ポジションによっておおよその年収が分かれてきます。高卒の場合、3曹では年収が約490万円です。2曹になると年収は690万円前後、曹長になったら年収は920万円前後です。防衛大学卒の場合は、3尉で年収570万円前後、飛行班長クラス3佐の年収はおよそ900万円、2佐になれば年収は1060万円まで上がります。経験を積んでスキルを磨けば役職が上がり、それに伴って年収がアップするのも、自衛隊ヘリパイロットの大きな魅力です。

また、陸上自衛隊や海上自衛隊でヘリパイロットとして活躍する女性もいます。性別を問わず活躍できるチャンスがある仕事でもあります。

ニーズが多い、ヘリコプターのパイロット

高い年収を得られるヘリコプターのパイロットは多方面でニーズが多く、慢性的な人手不足が続いています。

自治体の消防防災ヘリコプターの運行において「運行できるパイロットがいない」などの事態も出始めており、ヘリパイロットの増員は社会でも問題のひとつとして認識されています。裏を返せば、ヘリパイロットになることは、社会から長く必要とされる存在になれることでもあります。「将来の不安と無縁な仕事をしたい」「安定的なニーズがある仕事をしたい」「安定的に高い年収を得られる仕事がしたい」という方にも、ヘリコプターのパイロットは適切な仕事であるといえます。

ただ、ニーズはあるものの、前述したとおり、勉強すべきことや習得すべき技術がたくさんある仕事です。一念発揮してすぐなれる仕事ではありませんので、自身の中で「この道で頑張る」という強い気持ちを持ち、粘り強く頑張ることが求められます。

奨学金制度を活用してヘリパイロットを目指そう!

ヘリコプターのパイロットになり、安定的に高い収入を得るためにはまず、資格を得ることが重要であることは先にお伝えしたとおりです。しかし、この資格を得るためには1300万円にも及ぶ費用がかかり、訓練にも多額の費用が必要です。

たとえば、事業用回転翼の訓練を175時間実施するときは概算で1038万円が必要です。ここまで読んで「こんなに多額の費用を用意できない」と不安に感じた方も多いのではないでしょうか。

しかし、ヘリパイロットになるための奨学金を利用すれば、チャンスは大きく広がります。具体的には、朝日航洋株式会社によるプロのヘリパイロットを養成するプログラムでは、入社したら訓練費用返済奨学金として訓練費用の約80%を貸付してくれる制度があります。金額にすると約1000万円ですが、ヘリパイロットは高収入を得られる仕事なので、プロとして活動し始めたら返済できる金額です。

他にも奨学金制度を設けている企業があるので、それらの制度を活用してヘリパイロットを目指すことも選択肢に入れておきましょう。

高い年収を得続け、大きなやりがいのあるヘリパイロットを目指そう!

奨学金制度などを活用したら、ヘリコプターのパイロットになれるチャンスが大きく広がることは述べたとおりです。プロのヘリパイロットとしてスタートしたら、高い年収を得続けることができます。また、社会から求められ続ける仕事なので、大きなやりがいを持って働き続けられます。この機会にぜひ、ヘリパイロットへの道を真剣に考えてみてはいかがでしょうか。