ヘリコプター免許取得後の就職について

ヘリコプターの飛行特性を生かし、人命救助や物資輸送など様々な場面で活躍する姿を見て、ヘリコプターのパイロットに憧れを持つ人は多いでしょう。しかし、ヘリコプターの免許を取得して就職するのは自分でも可能なのかと不安を感じる人も多いのではないでしょうか?そこでここでは、ヘリコプターの免許について解説します。さらにヘリコプターのスクール別就職率調査の結果もご紹介します!

関連項目
・ヘリコプターのスクールの特徴と免許取得までの基本的な流れ
・ヘリコプターの免許にはどんな種類がある?
・ヘリコプターのパイロットの給料はどれくらい?

ヘリコプターのパイロットの就職先とは?

空中で止まったり上下に動いたりなど優れた特徴を備えていることから、数々の場面で利用されているヘリコプター。その活躍シーンを具体的に見てみましょう。

空から写真を撮りたい場合

ヘリコプターでは撮影する方向や高さなど操縦しながら調整できるので、地上からでは撮れない広範囲の写真を残すことが可能です。

遊覧飛行の場合

夜景や上空からの壮大な景色を楽しみたい人を運ぶ時など、遊覧を目的とした飛行の操縦ができます。

物輸や農薬散布

山頂周辺にある建物に物資を運ぶ時や、空中から農薬を散布する場合にもヘリコプターを使います。

災害が起きた場合

とあるエリアで災害事故が発生した際、テレビでヘリコプターが映るシーンを見たことがある方もいると思います。ヘリコプターがあれば災害時でも、救急搬送や消火活動などを速やかに行えます。

ドクターヘリ

救急医療用の医療機器等を装備したヘリコプターのこと。医師や看護師が同乗し救急現場等に向かい、現場等から医療機関に搬送するまでの間、患者に救命医療を行うことができる専用ヘリコプターです。

このように、事業用パイロットの免許を生かせる現場は数多くあります。免許を取得すれば必ず就職できるとは言い切れませんが、様々な業種への就職で事業用操縦士の免許はよいアピールとなり、チャンスも多いといえます。

免許取得後~就職までの流れ

免許を取得してすぐに、希望の業種に就きたいというはやる気持ちではあると思いますが、免許取得時点ではおそらく200〜300時間ほど飛行訓練を行なっている状態だと思われます。

一般的に民間では150時間程度、警察や消防では500〜1000時間の訓練が必要です。テレビドラマで有名になったドクターヘリのパイロットになるためには2000時間以上、防災ヘリでは3000時間以上もの飛行時間が必要となります。困難な職場ほど高い技術が求められているということです。ドクターヘリや防災ヘリでは、足場が不安定なところや狭いところなど、難しいところに着陸する場面も多いことから高い技術が求められています。

もしも希望の業種があって必要な飛行時間をクリアしていない場合は、免許取得後は民間業者などで働きつつ自身の経験を積みながら、飛行時間を増やしていき、最終的な到達点として希望の業種に就くということが必要です。

ヘリコプターのスクール別就職率を調査!

ヘリコプタースクールには、これまで優秀なパイロットを送り出してきた実績から官公庁や企業などから信頼を得て、高い就職率を実現しているところがあります。スクールを選ぶ際は、費用や研修内容等を確認することも重要ですが、就職のことも考えてなるべく実績のある大手のスクールをおすすめします。

東京都江東区にある「日本フライトセーフティ」は高い実績を残しているスクールの一つで、卒業生の就職先も官公庁から民間の航空事業、エアラインなど様々です。
「Alpha Aviation」というスクールも就職率の高さに定評があるスクールの一つです。国土交通省が認可する航空会社であり、官公庁への就職に強いというメリットがあります。

今回の調査ではスクール別の就職率について具体的な数字は見られませんでしたが、ヘリコプターパイロットに対する需要の高さと就職先の候補の多さから、就職率は高いと判断することができます。

ヘリコプターのスクールの説明会に参加してみよう!

ヘリコプターパイロットとして働くことに憧れはあるが、現実的に就職できるか不安だという人も多いでしょう。ヘリコプター免許は就職が約束されるものでないことは確かですが、ヘリコプターパイロットが必要とされる現場は豊富にあるのも事実です。

まずはヘリコプターの免許が取得できるスクールの説明会に参加するなどして情報を集め、安心して技術を身に着けられるよい環境のあるスクールを探してみましょう。